STORY

70年代初頭からイギリスのパブ・ロック・シーンを牽引し、後のパンク・ロック・ムーブメントの火付け役となったドクター・フィールグッド。当時のイギリスのロック・シーンに衝撃を与えた彼らの全貌が今明かされる。イギリスの石油の町、キャンヴェイ・アイランド=オイル・シティ、暴力とアルコールが蔓延した環境から出てきたドクター・フィールグッドは当時全盛だったシンセサイザーを多用したソフトなロックとは全く異なる存在だった。ウィルコ・ジョンソンのピックを使わない鋭いカッティングと、狂気を伴った視線やマシンガン・ギターと形容されるステージ・パフォーマンス、白いスーツにくわえタバコといった出立ちのリー・ブリローのワイルドな歌声。二つの強烈な個性がぶつかり合い、全ての余分な贅肉を削ぎ落とした本当のロックが生まれた。安物のスーツに身を包んだ4人組がいかに爆発的な勢いでイギリスのロック・シーンを変えてしまったか、どのように結成され、その後どのような経緯をたどったかを、当時のイギリスの文化、社会情勢、パブ・ロックなどとともに映し出す。本作はジュリアン・テンプルの『NO FUTURE A SEX PISTOLS FILM』(原題:The Filth & The Fury)、『LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』(原題:The Future Is Unwritten)に続く70年代イギリス音楽三部作の最後の作品で、三作のなかでもっとも初期のシーンを紹介している。 ドクター・フィールグッドがセックス・ピストルズやジョー・ストラマーなどのパンク・ロックの文化を爆発させるのに果たしたきわめて重要な役割、パンクの前のパンク、世界最強のローカル・バンドと称される彼らの真実が明らかにされる。 通常のいわゆる“ロックのドキュメンタリー”とは違い、ジュリアンは音楽を使いその時代の文化や社会を映し出す。「セックス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル」で確立された彼のスタイルである、昔のフッテージや独特の映像をアナーキーにモンタージュする手法が使われている。
バンドの結成40周年となる2011年、遂に日本上陸。